崖っぷち主婦を卒業した4人の女優。その後の活躍は?|WOWOW動画 【旧:W流】
崖っぷち主婦を卒業した4人の女優。その後の活躍は?
  • ドラマ

女性は何歳からでも輝ける!

崖っぷち主婦を卒業した4人の女優。その後の活躍は?

8年にわたり世の悩める女性を虜にした『デスパレートな妻たち』。アメリカでは昨年放映が終了し、日本でも近々最終回が放映予定。当初は40歳前後の “妻たち”を演じた女優たちも、エヴァ以外すっかりアラフィフに。ブレイク後は現実の人生にもかなり変化があったはず。『デス妻』女優たちは今!?

まずは、自己中だけどチャーミングな元モデル、ガブリエル役のエヴァ・ロンゴリア。つい先日、自身がプロデュースするリアリティーショー“Ready For Love(原題)”の出演者、アーネスト・アルグエッロとの交際を発表したばかりだが、ゴシップサイトによるとすでに破局した模様。お互い多忙だったことや、遠距離恋愛だったことが原因といわれている(なお、完全に終わったわけではないという情報もあり)。

そんな彼女が、『デス妻』で夫カルロスを演じたリカルド・アントニオ・チャビラ出演のNBC新ドラマ“Welcome To The Family”の第1話にゲスト出演する。彼女の役はリカルド扮するMiguelの息子の英語の教師で、彼が独身時代に付き合っていた女性。また2人の息の合ったシーンが見られるかも。

常にクールで完璧な主婦ブリーを演じたマーシア・クロス。「ブリーと違って洋服は楽なものが好き」と話したり、ゴシップ紙にスッピン(薄化粧?)を撮られたり、と意外な一面も。2007年に45歳で授かった双子はもう7歳。夫のトム・マホーニー氏も数年前にがんを克服し、今はデスパレートな状況から脱して、幸せな時間を過ごしているよう。今年3月の51歳の誕生日には(なんて美しい50代!)は、2人の娘とビーチで楽しむ様子がパパラッチされている。ぜひ新作の情報も耳にしたいところ。

フェリシティ・ハフマンは、聡明で気の強い肝っ玉母さん、リネットを演じた。その演技力は、2006年ゴールデングローブ賞主演女優賞を獲った『トランスアメリカ』でも証明済み。今年2月には、アメリカ政府のために働く暗殺者の一家を描くFOXの新ドラマ『Boomerang』のパイロット版で、主演を務めることが話題になったが、残念ながらシリーズ化は見送られた。映画では、『Trust me』と夫ウィリアム・H・メイシーが監督する『Rudderless』にもクレジットされている。

おっちょこちょいで憎めないスーザン役のテリー・ハッチャー。他のメインキャストとの不仲説も囁かれていたが、やはり彼女なしにはこのドラマは語れない。テリーは本作の映画化の話があれば、ぜひ出演を検討したいと考えているようだ。ただ、プロデューサーのマーク・チェリーはこれを否定しており、実現の可能性は低そう。一方、ディズニーの新作映画、『プレーンズ』(『カーズ』のスピンオフ作品)では声優を務めており、12月の日本公開が待たれる。

年齢を重ねながらますます輝きを増す彼女たち。これからも仕事やプライベートで、同世代、そしてあらゆる世代の女性のお手本となり、パワーを与えてほしい。

文●吉永くま

2013.08.29

海外ドラマ

more

コラム

more

洋画

more

PAGE TOP