『glee/グリー』シーズン6で終了。 リー・ミシェルの今後は?|WOWOW動画 【旧:W流】
『glee/グリー』シーズン6で終了。
リー・ミシェルの今後は?
  • ドラマ

悲しみを乗り越えて

『glee/グリー』シーズン6で終了。
リー・ミシェルの今後は?

本ドラマのクリエイター、ライアン・マーフィーは、来年放送予定のシーズン6がファイナルとなることを明らかにした。主要キャストのフィンを演じた故コーリー・モンテースの恋人、レイチェル役のリー・ミシェルもこの決定に納得。現在はソロアルバムの制作など、新たな一歩を踏み出している。

10月16日に米FXネットワークのイベントに出席したマーフィーは、ドラマの最終シーズンに関して、「もともと、レイチェルとフィンを中心にした物語になるはずだった。最後のショットにはフィンがいて、レイチェルが彼に語りかける内容だったんだ。でも、あの悲劇が起こってしまったから、もう一度考え直す必要がある」と語った。
「だけど、今は素晴らしいアイデアが浮かんでいる。コーリーに敬意を表した内容で、皆が満足するエンディングだよ」

この決定に、公私に渡りコーリーの恋人だったリー・ミシェルも賛成しているという。彼の衝撃的な死から3カ月たち、少しずつ元気を取り戻している彼女だが、関係者によると現在は初のソロアルバムを準備中とのこと。ツイッターでもカバー写真撮影中の様子を掲載している。また、今後は映画にも出演したいと話しているそうだ。

10月10日に放送されたシーズン5の第3話、コーリー追悼のエピソード“The Quarterback”は、全米で約740万人が視聴。前週から75%増だった。
このエピソードの制作に関わったリーは、自らが選んだボブ・ディランの「Make You Feel My Love」を歌い、視聴者の涙を誘った。

ドラマでもプライベートでも恋人同士だったコーリーとリー。グリーク(gleeのファン)からは、役名をつなげて“フィンチェル”と呼ばれ、親しまれていた。
共演者の中では、シーズン4から登場したメリッサ・ブノワ(マーリー)とブレイク・ジェンナー(ライダー)が婚約したが、それが報道されたのはコーリーの死の前々日だった。ファンの多くが、この2人にはぜひ幸せになってもらいたいと思っているだろう。

この作品では、登場人物のほとんどが、家庭環境、病気や障害、同性愛などさまざまな悩みを抱えている。だが、それらを乗り越え自分の道を切り開いている姿に、心が救われた人も少なくない。

コーリーの新たなパフォーマンスはもう見られないが、多くの人々の胸を熱くした作品のフィナーレに、世界中が注目している。

文●吉永くま

2013.10.27

ドラマ

more

ハリウッドスター

more

海外ドラマ

more

コラム

more

PAGE TOP