田原総一朗の「昼から生トクソウ」《戦後史を揺るがす衝撃の事実が語られる!》|WOWOW動画 【旧:W流】
  • ドラマ

地検特捜部の裏側とは!?

田原総一朗の「昼から生トクソウ」《戦後史を揺るがす衝撃の事実が語られる!》

「ドラマの話はどうでもいい!」、田原総一朗が思わず吼えた!
連続ドラマW「トクソウ」の放送を記念して配信されたニコ生番組のなかで、今まで決して明かされなかった実在事件の真相が次々と語られていく!ドラマの原作者であり検察監修も務めた郷原信郎をゲストに迎え、いかにドラマW「トクソウ」がリアルな検察問題を描いているか徹底的に掘り下げた。

これまで秘密のベールに包まれていた捜査機関「特捜検察」を描く社会派サスペンスの決定版が誕生!
舞台は日本最強の捜査機関といわれる特捜検察。1976年のロッキード事件、1988年のリクルート事件といった大規模な汚職事件を摘発し、世界にも類がないほど権力が集中する組織といわれているが、近年、数々の冤罪事件や証拠改ざん、虚偽報告書作成など、信じがたい事件が次々と明らかになっている。
検察組織の論理、検事の葛藤、検察とメディアの関係など、決して公にされることのなかった検察庁内部の知られざる実態が、圧倒的な臨場感と迫力で描かれた、まったく新しい「検察小説」がついに映像化! 権力闘争に明け暮れる特捜部、そして日本特有の構造である司法記者クラブの中で、それぞれが果たす“正義”や“使命”とは何なのか? 今、日本の検察とマスコミの腐敗した「偽りの正義」が、暴走していく!
独自の捜査と信念の下、正義を貫いていく特捜検事役に吉岡秀隆、圧倒的なカリスマ性と統率力で特捜部の象徴として君臨する副部長役に三浦友和、そして特捜部に日夜取材攻撃を仕掛ける司法記者役を元宝塚花組トップスターの真飛聖が演じる。監督にはTVドラマ「鈴木先生」(’11)で第49回ギャラクシー賞優秀賞を受賞し高い評価を得ている河合勇人・滝本憲吾。脚本には映画『金融腐食列島〔呪縛〕』(’99)で日本アカデミー賞優秀脚本賞、映画『誰も守ってくれない』(’09)でモントリオール世界映画祭最優秀脚本賞を受賞した鈴木智と、豪華キャスト・スタッフが集結。
地検特捜部によるゼネコン汚職事件の捜査と、やがて発生する不可解な殺人事件、2つの事件が交わるとき、日本の司法の闇が浮かび上がる―!!


■連続ドラマW トクソウ
番組オフィシャルサイト

2014.05.01

ドラマ

more

ビックリ

more

サスペンス

more

新発見

more

勉強になる

more

深く考えさせられる

more

WOWOWドラマ

more

解説

more

©2013 CJ E&M CORPORATION ALL RESERVED.

PAGE TOP